桜の開花はまだ?

 

満開はいつ頃なのか?

 

世の中も、人々の会話はそれで、もちきりである。

 

 

テレビでは、お花見グッズやら、場所取りテク、

そして定番のお花見弁当の特集。

 

どれだけ日本人は桜(お花見?)が好きなのだろう?

 

厳しい冬を越え、待ちに待った春の訪れ、

やわらかく、温かい日差しとともに、咲き始める桜、

 

桜は、日本人にとって、安堵と希望の象徴なのだろう。

 

そして、その淡い薄紅色は、

心の平穏と優しさも連れてくる。

 

桜は日本人のメンタリティそのものなのだ。

 

花見の由来は、古来から祓いのための

宗教的行事だったということで、

 

花を愛で、その下で、楽しむことで厄をはらい、

神様と過ごすとされていたようである。

 

桜は山の神が降りてくる時の目印となる木で

特別に重要視され、花見に付きものの酒も

本来は神に供したお下がりを皆でいただくもので

あったという。

 

今は、桜自体を愛で楽しむというより、

料理と酒を皆で持ち寄り、

ワイワイ楽しむ集まりのようになり

 

桜の花が咲く前から、

宴会をしているサラリーマンのグループさえいる。

 

眉をひそめる人もいるだろうが、

この際、野暮なことは言わないでおこう。

 

桜の命ははかない、

その咲き誇った短い季節に寄り添ってあげればいいのだ。

 

人の笑顔は何となく、こちらの気持ちも

明るくさせる。

 

 

しかし、その花見が危ないという。

 

f:id:t6911:20170402110447p:plain

 

桜の花のほぼ80%を占めている

ソメイヨシノが危機を迎えているという。

 

ソメイヨシノはカビの一種であるてんぐ巣病という

伝染病にかかりやすく、

それにかかれば、樹は衰弱し、枯れてしまう。

 

 

また、ソメイヨシノの寿命は約60年で、

戦後植えられた樹は次々と老朽化しているらしい。

 

その代用として、

病気に強く、開花時期もほぼ同じの

ジンダイアケボノ、

ヨウコウザクラ、

コガネイウスベニザクラなどの

品種が多くの桜の名所で、植え替えられているという。

 

桜といえば、ソメイヨシノ。

 

f:id:t6911:20170402110215p:plain

 

花が少し大きめで、花付きもよく、見た目も豪華、

又、散り際の花吹雪が美しいソメイヨシノ。

 

近い将来、見られなくなるかもしれない

その美しい桜を目に焼き付けておこう。

 

 

来週は、天気も安定して、気温も高くなるという。

 

私の住む町の桜も、やっと咲き誇りそうである。